マメ知識「裁判と上訴の種類」

日本の裁判には「三審制」が導入されています。

これは原則として上級の裁判所に
2回まで不服の申し立てができる制度です。
裁判所では様々な裁判が行われます。


主に刑事裁判と民事裁判があり、

  • その他家事審判
  • 家事調停
  • 人事訴訟
  • 少年審判
などがあります。
民事裁判は日常生活で起こるトラブルなどで
債務整理・過払いや和解・調停などの手続きがあります。

以下のような裁判所があります。
  • 最高裁判所
  • 高等裁判所
  • 地方裁判所
  • 家庭裁判所
  • 簡易裁判所
上級の裁判所に不服を申し立てることを上訴と言います。
上訴には以下のような種類があります。
  • 控訴(こうそ)
  • 上告(じょうこく)
  • 抗告(こうこく)
  • 再抗告・特別抗告

1回目の不服申し立てを「控訴」といいます。

2回目の不服申し立て又は高等裁判所が
最初の裁判だった場合には「上告」といいます。

「抗告」とは家事審判や少年審判などの
決定に対した申し立てに使用されます。
「再抗告・特別抗告」は家事審判や少年審判の
2回目の申し立てのことです。
家事事件や少年事件は「審判」で、原則非公開です。

手帳

債務整理で得られるメリットとはなんでしょう。


債務整理をすることでの一番のメリットはやはり、
借金問題を解決できることではないでしょうか。

債務整理と一言でいっても、自己破産もあれば、
任意整理もありますし、
特定調停、個人再生など様々です。

中でも任意整理に関しては、
信用機関のブラックリストに載るものの、
自己破産のように士業の資格制限もなく、
官報にも載らないため、
第三者に知られることもありませんし、
場合のよっては過払い金の請求も出来る可能性があります。

特に過去5年以上借入をしてきたような方は、
過払い金請求できる可能性が高く、
人によっては、既に借金を返済していたのにも関わらず、
返済を続けていた、、
そういったケースもあるそうです。

この場合、借金の返済がなくなるどころか、
払い過ぎた分のお金が返ってくるため、
ご自身にとって、デメリットとなる部分はありません。

この過払い金請求は年々難しくなっています。
ですから、心当たりのある方は
司法書士や弁護士に早めに相談したほうがよいでしょう。

 




■メニュー■

facebookについて


どうやって友達を増やすか


就職活動


SNSメリット・デメリット


美容





ローン


債務整理


金融


引越し


健康


パソコン


----------------------
Copyright © SNS活用術 All rights reserved.